2011年01月02日

VOX Tone Lab ST(トーン・ラボST) 【アンプ・シュミレーター】





VOX Tone Lab ST(トーン・ラボST) 【アンプ・シュミレーター】
本格的な真空管アンプのサウンドをあなたの元へお届けします!VOX Tone Lab ST(トーン・ラボST)は、小型3極真空管12AX7が採用されたアンプ・シュミレーターです。ヴィンテージ・アンプから最新のギター・アンプまで33種類ものアンプ・モデルに加え、キャビネット・モデル11種類、エフェクトを25種類がコンパクトな本体に内蔵されています。また、直感的に使える操作性も魅力のアンプ・シュミレーターです。



posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00| アンプ・シュミレーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BEHRINGER(ベリンガー) V-AMP3 【アンプ・シュミレーター】





BEHRINGER(ベリンガー) V-AMP3 【アンプ・シュミレーター】
BEHRINGER(ベリンガー) V-AMP2をアップ・グレードしたアンプ・シュミレーター。32種類のアンプ・モデルを15種類のスピーカー・キャビネットのシミュレーションと組み合わせる事により合計でなんと480種類ものバーチャル・コンボ・アンプが使用できます。V-AMP3本体にUSB端子は付いていませんが、オーディオ・インターフェイスが付属しています。これだけの機能が付きながらの低価格なアンプ・シュミレーターはあまりありません。魅力が沢山詰まった商品です。

posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00| アンプ・シュミレーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LINE6(ライン6) Pocket POD(ポケット・ポッド) 【アンプ・シュミレーター】





LINE6(ライン6) Pocket POD(ポケット・ポッド) 【アンプ・シュミレーター】
チューナー並の手のひらサイズ、Pocket POD(ポケット・ポッド)はその小さい本体からは想像も出来ないほどの機能が付いています。アンプ・モデル32種類、300種類以上のプリセットを搭載。USB端子でパソコンと繋げば、さらに可能性が広がります。LINE6(ライン6)ホームページから無料ダウンロード可能な編集フトを使ってパソコンで細かな編集やプログラムのストックも出来ます。電池駆動も可能なので、いつでもどこでもこのハイ・クオリティなアンプ・シュミレーターを使う事が可能なので、レコーディングでも大活躍する事でしょう。

posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00| アンプ・シュミレーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LINE6(ライン6) POD X3 【アンプ・シュミレーター】





LINE6(ライン6) POD X3 【アンプ・シュミレーター】
ギターのレコーディングはこのLINE6(ライン6) POD X3が1台あればOK!ブティック・アンプからビンテージ・アンプまで実に78種類ものギター・アンプがこのコンパクトなLINE6(ライン6) POD X3に全て入っています。その他にも24種類のギター・キャビネット、98種類のストンプ・ボックスとエフェクト、28種類のベース・アンプ、22種類のベース・キャビネット、6種類のボーカル・プリアンプなど、ギターのアンプ・シュミレーターが入っているなど、枠を超えたアンプ・シュミレーターです。また、特筆すべきはDual Tone(デュアル・トーン)機能。1つのインプットから2つの異なるアンプやエフェクトを同時に鳴らして豪華なサウンドを作り出したり、LINE6(ライン6) POD X3の2つの入力端子を使用し、2つの楽器を別々のアンプに通したりすることもできます。あなたも是非LINE6(ライン6) POD X3の世界を体感してみて下さい。

posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00| アンプ・シュミレーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LINE6(ライン6) POD HD500 【アンプ・シュミレーター】







LINE6(ライン6) POD HD500 【アンプ・シュミレーター】
LINE6(ライン6) POD HD500はライブなどの現場で活躍するギタリストの強い味方となるアンプ・シュミレーターです!LINE6(ライン6) POD HD500は、アンプ・モデリングの新境地を開拓したアンプ・シュミレーターです。今までのLINE6(ライン6)製品と比較をすると、10倍に相当するアンプの情報が使用されており、本当にリアルな、細かいピッキングのニュアンス等を出す事が可能なアンプ・シュミレーターです。100種類以上ものエフェクトも内蔵されており、最大8種類のエフェクトを同時に使用可能なので、ライブはこのアンプ・シュミレーター、LINE6(ライン6) POD HD500だけでも完結してしまうほどです。

posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00| アンプ・シュミレーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。